フェアレディZの特徴

MENU

フェアレディZの特徴

日産のフェアレディZは、量販車としては唯一の2リッターエンジン、2シーターのスポーツカーになります。
スカイラインと同じくして、フェアレディZは日産の代表的な車であると考えて良いでしょう。

 

ハイパワーでありながらも、スポーティーな走行が可能となっており、フェアレディZはさらに大排気量でありながらも純粋に走ることを求めている方のための車です。

 

ワイドでありながらも低い車高、ショートデッキとまさにスポーツカーの基本と言っても良いボディサイズをしており、小型乗用車なみの取り回しの良さというのもフェアレディZの魅力の1つです。
スポーツカーの魅力としては加速性能に優れているだけではなく、コーナーをいかにドライバーのイメージ通りに走ることが出来るのかも重要なポイントになってきます。

 

その点、フェアレディZではボディの剛性と軽量化を料率しており、高い走行性を保持しているのも特徴だと言えるでしょう。
また、スポーツカーの醍醐味である、エンジン回転数にあわせてシフトダウンをする乗り方なのですが、技術が必要となってくることがネックとなっていました。
このスポーツカーならではの楽しみを誰でも愉しめるようにした機能がシンクロレブ付き6速マニュアルトランスミッションと言うシステムです。

 

マニュアル操作を行っていきながらも、クラッチを切るのと同時にシフトレバーの操作と呼応するようにエンジンの回転数を自動的に合わせてくれる機能であり、誰もが小気味よいシフトダウン運転をすることが可能になっています。

 

フェアレディZの燃費に関しては、ほぼ望むべくもないものだと考えておくと良いでしょう。
リッターあたり9キロほどとなっていますが、これだけの車両を軽快に走らせると言うことで、燃費を気にしていてはスポーツカーには乗れません。

 

同じエンジンでもチューニング方法によっては燃費効率を求めることも可能なのですが、フェアレディZではあえて燃費優先ではなく、レスポンスの良さに重点が置かれています。
まさに走るための車であり、ドライバーにとっては運転することそのものが愉しい車であると言えます。