事故車・不動車などの買取査定って可能なの?

MENU

事故車・不動車などの買取査定は可能なのか?

事故車や動かなくなってしまった車、いわゆる不動車は買い取ってもらうことができるのでしょうか。

 

動かない車を買い取ってくれる業者なんていない、そう考えている方も多いと思いますが、実際にはそんなことはありません。

 

事故車や動かない車であっても買い取ってもらうことは可能です。

 

中古車を査定する場合、事故車というのは修復歴車と呼ばれており交通事故、災害などによって自動車に欠陥が生じているもの、また、修復歴があるもの、とされています。

 

こうした事故車は査定金額も大きく減ってしまうことがほとんどですが、だからといって買取が不可能というわけではありません。
交通事故といっても色々ですし、損傷の状態が非常に軽いのであれば事故車として扱われない場合もあります。
つまり、事故を起こしたかどうかが問題になるのではなく、あくまでも車の状態が重要だということです。

 

場合によっては通常の車と同様の査定をしてもらえる可能性もあるわけですから、事故車だからと諦めるのではなく、とにかく業者に査定をしてもらうことが大切です。

 

動かなくなってしまった車に関しては事故車よりも扱いが厳しくなってしまいます。

 

多くの場合は廃車にすることをすすめられのですが、廃車にするにも引取り費用や解体費用、廃車手続きのための代行費用などさまざまな費用がかかってしまいます。
これは所有者にとっては非常に痛いところなのですが、最近ではこうした動かない車を買い取ってくれる業者も増えてきています。

 

こうした業者は廃車を海外に輸出し販売することで利益を確保しています。
日本車は海外でも人気が高く、廃車扱いになるような車であっても修理をすることで十分販売することが可能です。

 

そのため不動車であっても買い取ってもらえる場合があるのです。

 

つまり、事故車であっても動かない車であっても売却することは十分に可能ということです。

 

全ての業者が買取に応じてくれるとは限りませんが、複数の業者に査定依頼をして買い取ってくれる業者を探すことが大切になります。